うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

1つぐらいしか言いたいことはない

ぼくが思うに、ぼくが生きる中で、声を大にして言いたいことは1つぐらいしかない。

そんな1つのことを100通りの方法で、100通りのストーリーで、100通りのテンションで伝えているに過ぎない。そんなことを思う夜。

それは、そんなに不健全なことではないと思う。

たとえば、ある著者が100冊の本を書いていたとして、極論、すべて違うことが書いてあったらどうかと思う。 「違う本なんだから、違うことを書いていてほしい」と思っている反面、どこか一緒であってほしいとも思っているのではないか。

もちろん、1つの方法で、1つのストーリーを、1つのテンションで伝えられても困るわけで。あくまで、どこか一緒であってほしいと思う。

「ああ、やっぱりこの人はこうなんだ。よかった。」

音楽家にも同じことが言える。 同じ曲ばかり演奏していてもダメだろうし、かと言って新曲に「らしさ」や面影がなければ、それはがっかりさせることになる。

「らしさ」なんてものは、抽象的すぎて何とも言い難いのだが、実際、感じてはいる。そんなものなんだろう。

だから、ぼくが本当に力を注ぐべきことは、言いたいことを増やすことでなく、何通りの方法で、何通りのストーリーで、何通りのテンションで伝えられるかということな気がしている。 言いたいことは1つでも、それを飽きさせることなく、一貫して伝え続ける。それこそメッセージとしての桑田ロードが完成していくような、そんなイメージ。

ぼくの人生のミッションは一文に落とし込まれつつある。とはいえ、意識はそんなに高くはないだろう。


[スポンサーリンク]


うえみずゆうきの活動情報

www.uemizu.com

www.uemizu.com

www.uemizu.com


[スポンサーリンク]