うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

嫉妬と感性

嫉妬によって高く評価できないのか、それとも本当によく思えなくて評価できないのか。それは難しいところです。10:0はあり得ない、どこか人間には心に隙があるのだと思います。たとえ限りなく0に近くとも。

そういう意味において、自分の心の中でさえもフラットに物事を見れないわけです。ともすれば、そうした人間たちが72億人いる星において、フラットな社会など実現不可能だという、絶望的な気持ちにさせられます。

そして、これを覆すほどの希望はどこにも見当たりません。

あるとしたら、(「ある」に近いものがあるとしたら)芸術です。

それは必ずしも「作品」である必要はないかもしれないけれど。


[スポンサーリンク]