うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

移動のハードルは下がったが

現代は移動のハードルが随分下がりました。 格安の飛行機などもあるので懐状況に合わせたものを選べます。路線図や地図など入念に調べなくたって、スマホを使えばその場ですぐに分かります。

そのような最近のことに限らなくても、電車であるとかバスであるとか、江戸時代に比べれば(どこと比べてるんだろう)ものすごく移動効率は上がっているわけですよね。とにかく、移動のハードルが下がった時代と言えるかもしれません。

一方で、それはもっと突き抜けた話なのだとも思っています。どういうことかというと、物理的移動のハードルが下がっただけでなく、情報空間上での移動もハードルが下がった(インターネット)ということです。 物理的にカラダをどこかの街へ移動させるハードルだけでなく、自分のエイゾウやオトやコトバを移動させるハードルが下がったということです。

「接客をする人以外、週に何日かはリモートワークで十分可能じゃないですか?」

通勤電車に疲れた顔で揺られる方々を見てそう思いました。

通勤電車通勤時間にどうにも価値が感じられません。みんな、ドナドナっぽい顔してます(通勤の時間を有意義に過ごしている人は別として)。

たとえば、過去には、車や電車などの移動手段ができたことで街まで通勤するようなライフスタイルが定着したわけですよね(知らんけど)。であるならば、情報の移動手段がある今、新しいライフスタイルがもっとあっていいんじゃないか。

そんなことを言い出すと、結局「誰か」ではなく自分でルールを作るしかないのだと、急に心が細くなる。暗くふさぎ込んでしまう。生きるって難しい。ように感じる。

そこらへんの思いを抱きながら、今日もまた自分にあったライフスタイルを模索しているのです。 口先だけではない未来へ。


スポンサーリンク

instagram

#homesick#band#FUKUOKA#japan #guitarist #vocalist #gigi #うえみずゆうき