うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

がんばらなくていいよ

「がんばらなくていいよ」と言いたいです。きれいごとではなく。 責任を持つとか、そういうのは「がんばる」とはまた違った次元の話のような気がしています。

別に、優しくしたいわけでもないです。かと言って厳しくしたいわけでもない。ぼくはニュートラルなんです。

がんばっている状態って、極めて主観的な話であって、結「がんばってるから何なの?」なんです。 がんばっているかどうかは実は結構どうでもいいんです。

たとえば、仕事をものすごくがんばっている人がいるとします。売上ゼロでした。 かたや、そんなにがんばっているわけではないけれど、売上がものすごい。これ、ビジネスという切り口でいえば、後者のほうが優秀じゃないですかね。

たとえば、家事をものすごくがんばっている人がいて、でもいつもバタバタ動き回っている。かたや、そんなに家事はがんばっていないけれど、ゆとりある心で暮らしている。これ、生活満足度という切り口でみると後者のほうが断然楽しそう。

「がんばること」を善として、刷り込まれた社会の中で、がんばりたくない人をどうのこうのバッシングしたがる人がいます。 別にがんばる必要はないんじゃないかと、ぼくは心の底からそう思うんです。

もっと自然体で生きればいいじゃない。 どうしたら最も自然体に近い生き方ができるか、ただそれだけな気さえしてきた今日この頃です。


[スポンサーリンク]


おすすめ図書

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)