うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

曇りのち雨、のち曇り、のち

よくある話、人生は天気のようなところがあったりするわけで。

焦ってもいいことはないなと思うのです。

一方で、決められた時までにある一定の結果を出さないと継続できないこともあります。仕事の多くはそうかもしれません。 (毎月、そこにいれば自動的にお給料が振り込まれるシステムの中にいて、感覚が麻痺している人を除く)

そのへんが本当に難しいところなのですが、だとしても焦っていいことはないなと思うのです。

結果が出ない、苦しい時期も続いて続いて続いて続いて続いたとしても、結果が出るまで続けていられたら、それって晴れなんです。

梅雨の時期に、雨が続いて、「もうこの世は雨だ」と思って朽ち果てた、その翌日に晴れるかもしれません。

もちろん「惰性で続けてどうなるのか」というのはひとつあるのですが、惰性でなければ、続けるということそのものがもう価値なんじゃないかと思う今日このごろです。

今ならインターネットがあるし、ほんとうによい時代だなと思います。


[スポンサーリンク]


おすすめ図書

反論の技術―その意義と訓練方法 (オピニオン叢書)

反論の技術―その意義と訓練方法 (オピニオン叢書)

意見することそのものがもう反論である、そんな一冊。