うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

居てくれたら嬉しい

居なくてはならない存在よりも、居てくれたら嬉しい存在を目指したい今日この頃。

居なくてはならないということは、一重に自分に注目が集まるわけですが、自分なくして物事が動かないということの裏返しでもあるので結構重たいわけです。

もちろん、軽い重い問わず、自分で動かすことに意味を見出すのであればそれでよいと思います。 実際、その立ち位置は注目も集まるわけですし、外的にも高く評価されやすいでしょう。

でも、ぼくは思うのです。 休みたいときは休みたい。

そのとき、大事なのは居なくても一応大丈夫っちゃ大丈夫ということ。 居なくてはならない存在ではなく、居てくれたら嬉しい存在です。

居なくても事は動くけれど、あの人が居てくれたらきっともっと良くなる、そういったポジショニングを心掛けていきたいものです。

「それって使い捨てされて終わりじゃないのか?」という懸念もあるでしょう。 しかし、使い捨てられて何か問題があるのでしょうか。 捨てられようが、自分は自分です。 本質的に何か自分の価値が下がるわけではありません。

居てくれたら嬉しいな、助かるな、という場所を見つけて活躍すればいいだけの話です。

そんなことよりも、居なくてはならない身動きの取れない環境に絶望を覚えます。

居なくてはならない存在よりも、居てくれたら嬉しい存在を目指したい今日この頃なのです。