うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

物理的依存、精神的依存

ぼくは常々、「精神的に自立しましょうよ」ということを言っています。直接的にそう言うことはこの場ぐらいですが、日常生活においても遠回しにそういうことを言っています。 (というか、そういうことしか言っていません。)

精神的自立のための必要条件が「孤独の素晴らしさを知ること」だとも言っています。では、孤独の素晴らしさを知るためにどうすればいいかというと、「読書」…だと思っていました。多くの人に読書は効くのですが、読書でも精神的依存体質が抜けない人がいることが分かりました。むやみやたらに読書を勧めればいいというわけでもないな、というところに行き着きました。どうすれば孤独の素晴らしさを知ることができるか結構真剣に考えています。(←今、ココ)

「精神的に自立しましょうよ」というのは、強烈なので、拒絶反応が起こりやすいです。

「じゃあ、君は誰にも依存せずに生きているのか!他者の恩恵を受けていないのか!傲慢なやつだ!」

認識の粒度が大きすぎて、雑すぎて、関わる気も失せてしまいます。

なにも「物理的に誰も頼るな」なんてぼくは言いません。生きていけません。焼きそば1つ作るのに、一体どれだけ大変なプロセスを踏まなければならないのか。

あくまで「精神的自立」です。

そのための「孤独の素晴らしさを知ろう」なのです。