うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

メディアであるという意識

張り切っている人のブログを読むと「読み手に価値を提供しろ」とよく叫ばれています。

何をもって価値とするかは難しいのですが、情報(知識)としての価値を指す場合が多いように思います。

確かに、僕自身グーグルさんに聞いてみることは、たいていが情報(知識)不足で困っていることです。 誰だか知らないけれど、困ったことを解決してくれるのであれば助かります。 誰だか知らないけれど

そう、この「誰だか知らないけれど」というのが大きなポイントです。 今後、その人のブログを見ることは(偶然また検索にかからない限り)もうないからです。

くだらない情報でも、その人の意見や文体、人間味みたいなものにぼくは惹かれます。

そういう人の文章はまた後日読みたいです。

ぼく自身がそういう志向だから、そういう路線で文章を書きます。 つまり、情報(知識)としての価値は皆無で、ただぼくの意見を連々と述べるだけです。

張り切っている人からは、「そんなんじゃアクセス数伸びないよ」と言われそうですが、このブログ自体アクセスを伸ばすためにやっているわけではないから仕方ありません(アクセス数が伸びなくていいという意味ではありません)。

そして、メディアであるという意識がないわけでもありません。 商業用メディアではない、というだけです(商業を完全に捨てているわけではありません)。

まあ何を提供するとしても、頭四つ分ぐらい飛び抜けたブロガーでないと経済的な価値はないと思います。

ぼくはただただ書き続けるだけです。 それ以上はそれ以降考えます。