うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

「やらなきゃいけないこと」で計る

「やりたいことだけやって生きていけたら」1度や2度ぐらいそう考えたことはありませんか?

ぼくは、2万回ぐらい考えています。

たとえ、「やりたいこと」であっても「やらなきゃいけないこと」が登場してくるわけです。 やらなきゃいけないことというのは、やりたいことにとって必要不可欠だからこそ、やらなきゃいけない状況なわけですね。

このときにその道を歩くことの真の意味が問われるのだと思うのです。

やらなきゃいけないことが義務感として襲ってくるとき、それは「本当にやりたいことなのか」というメッセージなんじゃないか、と思うわけです。

そこでそのメッセージをどう解釈するかは本当に難しい。 本当にやりたいことだけをして生きている人は肌感覚では0.001%以下だと思うので、参考になる人も少ないです。 野生の勘を頼りにするしかありません。

「やらなきゃいけないこと」をどれだけスムーズに通過するかが「やりたいこと」を計る指標のような気もしています。 というより、目的意識が激しく強いと達成のためのプロセスすべて、やりたいことなんじゃないか、と。

いつかは、その境地で日々暮らせたらと思います。

何をしても何処にいても生きていける実力とその再現性こそが、その切符なのかもしれません。