うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

物理的依存と精神的依存

f:id:uemizu:20160420224000p:plain

依存はいらない。

 

何らかに依存しなければ生きてはいけないことは、百も承知だ。

たとえ無人島で暮らすとしても、自然環境に依存しないと生きていけないわけで。

生きているかぎり、存在するかぎり、何にも依存しない生き方なんてできやしない。

 

僕が言いたいのは、依存の心はいらないということ。

 

物理的には依存しているくせに、心は依存していない(いつそれがなくなったとしてもそれなりに大丈夫)状態。

これこそが最も健康的な状態じゃないだろうか。

 

物理的依存と精神的依存のギャップは、一見矛盾しているように思えるかもしれない。

しかし、矛盾していることで何が問題だというのか。

「矛盾、あーそれ良くないものだ」という脊髄反射ではないのか。

 

依存心はいらない。

依存心は世界平和の対極にある精神なのだとさえ僕は思っている。