うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

リア充

f:id:uemizu:20160420224000p:plain

「リア充」という言葉が一時期流行った。

最近も使われている言葉なのかは分からないが、まだ死語とまでは言わないだろう。

 

今更ながら、この言葉に違和感を感じる。

 

「リア充」とは「リアルの生活が充実している人」のことを指す言葉なのであって、それ自体は実はものすごく良いことなんじゃないか。

リアルが充実した人生、最高ではないか。

正直、誰だってリアルは充実してたほうがいいんじゃないか。

 

さて、一方で「リア充」と呼ばれる人は、実際リアルが充実してそうに見えない。

打ち上げ花火的な。

あくまで僕の肌感覚だが、「リア充」という言葉は大した深みがなく孤独に耐えうるほどのメンタルがなく慣れ合いで群れている人たちに対して使われている感じがする。

 

最近、僕はイベントを通じてたくさんの人と顔を合わせ、キャッキャしているのだが、決して慣れ合ってはいない。

 

確固たる目的意識を持って、キャッキャしているのだ。

 

確固たる目的意識を持って、キャッキャしているのだ。

 

 

確固たる目的意識を持って、キャッキャしているのだ。

 

 

実際、楽しいし、リアルは充実している。

だが、「リア充」かと言われれば頷きたくはない。

 

慣れ合いの群れ合いの羊連中とは、できれば一緒にしてほしくない。

確固たる目的意識を持って、キャッキャしているのだから。