うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

自分に何ができるか

f:id:uemizu:20160420224000p:plain

集団において。

自分に何か突出したスキルがあれば、
いい感じにおさまれる自分のポジションが見つかりやすい。
集団において。
ポジションが取れない人間は、だいたいそわそわしていることが多い。
コミットしづらい。

「得意です。」
「デザイン全般やれます。」
「webは任せて。」
「作曲できます。」
 
最近、クリエイターの方々と関わることがあまりにも多く、突出した何かにこだわろうとすればするほど無理が出てくる。
 
例えば、「カメラやれます。」っていう人が3人、4人と現れる。
そういった現象を目の当たりにして、誰か1人にカメラを頼むというのは考えにくい。
 
集団において。
自分の存在価値を問われた気分になった。
(決してネガティヴな意味ではなくて)
 
「僕も…一応、さ、作曲とか…できま…す。」
こんなんじゃ到底ダメだろう。
 
ハイパークリエイターの皆さんの中で、自分がどのようにポジショニングしていくかということを考えてみたところ…。
 
「なんか理由は分からんが、居てくれるとすごく助かる。」という自分の存在そのものを価値化していくというところに行き着いた。
 
つまり、「何ができるか。」という個人的なことではなく、
「居てくれて、なんかもう!それだけで!ありがとう!!なんかもう!活気が止まらないよ!」の領域だ。
 
一見無茶苦茶なことを言っているようで、至ってシンプルな話である。
 
人間力でポジションを確立するということだ。
 
では、人間力とは何だろう。
膨大な構成要素からなる力だと思うので、明言するのを避けざるを得ない。
それぐらい元も子もない抽象論だ。
 
ごめん。
 
僕は、人間力という何とでも言えてしまうインチキ感を最高に嫌悪している。
 
そして、人間力で勝負する(笑)