うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

思いを綴る意味

f:id:uemizu:20160420224000p:plain

ここに思いを綴る意味を深く考えたことがない。

あえて考えていない。

 

どうして、こんなにも個人的な考えをぶちまけているのか。
 
音楽については人生の中で随分と考えた。
どうして歌う必要があるのか。
考え過ぎたせいで社会に適合するのに10年遅れた。
 
こうして文と字を綴ることになんの意味があるのか。
少なくとも、僕は深くは考えていないのだし。
 
軽やかさの中に何か価値があるのかも知れないし、特に価値なんてものはないのかも知れない。
 
というより、僕がこの世に生きている価値なんてあるのかないのかすら分からない。
もし、そんなことが分かる君がいたら、僕はそんな君のことがよく分からない。
 
僕含む一人一人の人類、および生物全般が判断すればよいし、結果、一人でも多くの人に価値を感じてもらえれば(貢献できれば)、それは心から嬉しい。
 
そういう意味では、こうして半分無意識で書く文章も、誰かにとっては価値があるのかも知れないし、ないのかも知れない。
もはやそういうのはどっちでもいい。
 
書きたいから書く、ただそれだけで、その向こうにあるのは、書いたという事実だけ。
それ以上もそれ以下もない。
(お金をもらって書いているのでないなら)
 
「価値」にフォーカスした瞬間、色んなことがおかしくなる。
(お金をもらって書いているのでないなら)
 
もっと自由に書こうよ。
(お金をもらって書いているのでないなら)