うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

生み出す者である君は贈り物をしているか

ただのナルシズムに付き合っている時間はない。

表現者は紙一重だ。

どんなに経験が浅く、技術が乏しくてもよい。
センスがなくても、それを責めるつもりは毛頭ない。

だがしかし、僕は一つだけ望むことがある。
それは贈り物であってほしいということだ。

たった一人の誰かのためでもいい。

人類への贈り物であってほしい。

「いらない」と思われることもあるだろう。
名前が売れていないなら、
むしろその方が多いだろう。

だとしても、
あなたなりの精一杯の贈り物であってほしい。

僕たち表現者は人前に立つ以上、
贈り物を届ける必要があるのではないか。

目立ちたいだけなら、
どうか行政が許したお祭りのときだけにしてくれないか。

商業施設が蔓延し、あまりにも目立ちたいだけの人間がステージに立ち過ぎた。

精一杯の贈り物をする者がこのまま絶滅してしまうのなら、表現者などいない方がマシだ。