うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

善と悪

夜道を歩く。

道路脇に停められた誰のものかも分からない自転車の電気がついていた。

僕はそれを何となく消した。


少しだけ良いことをした気になった自分がいて吐き気がした。

誰も「消してくれ」などと頼んでいないのに。

もし、電池を消耗させたくてしょうがなかったのだとしたら、僕は悪に違いないだろう。