うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

器用貧乏にさえなりきれない

器用貧乏になり兼ねないほど、
分野を広げすぎてる感が否めない今日この頃でございます。

「あれをするならこれがいる。」

そこで的をある程度絞れないと
結局は器用貧乏。

何にも深まらないままになってしまいます。


元々不器用な僕は、今はまだ風呂敷を広げただけの状態なので正直なところ器用貧乏以下。

つまり、ただの貧乏なのです。


一旦は器用貧乏と言われたって構わないので、
今は専門を深めるための土台作りからやっています。

色々とやってみてはいるのですが、
例えば、
我流のタイピングを矯正に毎日時間を作っています。

目指せ、光速ブラインドタッチ。


(意外にも)
足元から固めるというのが、
僕のやり方なのかも知れません。


遠回りを恐れない。

愚直に。

一つずつ。

小さな一歩を。