うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

一対一になると何を話していいか分からないあなたへ

ある人が言った。

「何話していいか分からないんです」


一番手っ取り早いのはもう人に会わないこと

そしたら話さなくて済む。


それがハードルが高いというなら、
もう1つアドバイス。

自分の話をしない。

相手にフォーカスした話をするということ。
話をするというよりも、質問しまくるのだ。
(間違っても尋問みたいにやってはいけない)

相手にフォーカスしてさえいれば、出だしは何でもいい。
」でももう い。
喋り出せば、自ずとさまざまなキーワードが出てくる。
キーワードを拾って、その中から相手が話したそうで尚且つ自分も聞きたいことをさらに質問していけばいい。
(間違っても相手が話したくない自分だけが聞きたいことを聞いてはいけない)

相手にアウェイな話題は存在しない。
相手のことなのだから、相手はいつもホームだ。

「相手にばっかり喋らせておいて、自分は何も開示しないのか!」
ということになってくるが、心配はいらない。


聞きたかったら相手が聞いてくれる。
聞かれないということは、自分や自分の持つ情報に興味を持たれていないのだ。


というわけで、
会話が苦手な人は相手にフォーカスした内容から始める。
相手から求められない限り、いちいち自分にフォーカスしない。

自分にフォーカスするのは、自分一人のときでも十分できる。

相手と過ごすのは、相手の話を聞きたいから!

それぐらいのスタンスで臨めたら、余裕だ。



最後に、
相手と過ごすのは、相手の話を聞きたいから!というスタンスで臨むためにはコツがある。

必要要以上に人に会わないこと


一人の時間を普段から大切にすることをオススメする。

そうすれば、わざわざ時間を作って会うことの意味や尊さが自然と感じられる。