うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

手応えを感じ、正しく生きていることを確かめたいのだ

そのふわふわした気持ち、
ものすごく分かる気がする。

僕たちは何をするにしても
手応えを感じたいのだ。

衣食住が最低限満たされているのなら、
もはや「手応えを感じたいだけ」なのかも知れない。


難しいことでも簡単なことでも、
ただただ手応えを感じたい。

それをやることに、
それをやったことに、
意味を感じたい。

それ以上もそれ以下もない。


自分なりに意味を持って臨む。

それが「本当に意味があったか」を
個人の中で検証する場合、
手応えが肝心だ。

本当に困難なのは意味を感じられないときなのかもしれない。


ただし、
手応えのないふわふわしたところの向こう側に結果が待っていることも少なくない。

「手応え」という安心感がなくても、
突き進まねばならないこともある。


手応えを感じるために。