うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

音楽が好きか?ということについて

ぶっちゃけた話、僕は音楽を聴くのはそんなに好きじゃない。

ギターを弾くのは楽しいと思っている。


随分前から知っていたが、
僕はリスナーではなく、プレイヤーなのだ。
実力はさておいて。


「野球をするのは好きだが、野球観戦はそんなに好きじゃない」
というのに似ている。
(僕は、野球については観るのも、するのも難しい)


さて、
歌についてはどうだろう。

正直なところ、あまり好きじゃない。
好きじゃないというか、得意じゃない。

よく考えたら、僕は元々ベーシストだった。

たまたま作曲をしていたこともあって、
たまたま高校卒業後、歌ってくれる人がいなくて
「それなら」と自分で歌うようになっただけだ。

願望ではなく、そうすることでしか
自分が作った曲を奏でる術がなかった。
少なくとも当時の自分にとっては。


今は、どうだろうか。
少し考え方が変わった。


言いたいことは、
こうして文章にしたほうが楽しかったりする。

言語による表現は必ずしも歌である必要はないように思えてきた。


何かについて上手くなりたいとき、
圧倒的な量を積み重ねる以外に方法はない。
知識やノウハウがそれを効率化してくれることはあるが、
最後は本人が量をこなす中で骨身にしていかなければならない。


歌がうまくなりたいなら、歌をたくさん歌うしかない。

ここのところ、よく歌を練習しているのだが結構しんどい。

人間、心底好きじゃないことは続かないようだ。

あくまで手段としての歌だったのだから当然といえば当然である。


書くことについては、心から楽しいと言える。

今こうして文章を書くのも、単純に楽しいからだ。

歌詞を書くほどのやっかいな制限もない。



カラダは1つしかない。

好きなことに的を絞ろう。


もしかすると、
それはギターを弾くことなのかも知れないし、
文章を書くことかも知れない。

あるいはそのどちらともか。

いずれにせよ、
在りたいように在り、やりたいようにやるべきだと思う。

過去に振り回されることなく。