うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

暗い夜道で道が被る気まずさについて

夜道は危ない。
女性が、人通りのない夜の小道を歩くのは、さぞかし不安だろう。

夜道、細い路地で、
前を歩く女性と、
曲がる方向が2回以上被る。


向こうは、襲われるんじゃないか?
とチラチラこっちを見る。
もちろん不安だろうし、仕方ない。

仕方ないのだけれど、
襲う気などさらさらない僕としては、
本当にめんどくさい。
ゆっくり歩いてみたりもする。
余計に怪しいような気がする。
かと言って追い抜くのも、
追いつかれるとき相当怖いのではないだろうか。

その向こうに用があるのであって、
君に用があるわけではない。

夜道が不安な女性と、
夜道が不安な女性と道が被った僕の話。

気にしないのがベストだけれど、
気にしないのもどうかな、と。