うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

私について

私を生きているのは私であり、
私に対する責任とリスクを負うのは私である。
その代わりに、私は私を自由に扱える。
現に、私は海でも山でも選べる。
全ては私の責任の元で。

最後は私の責任の元で。

もし仮に、私の責任を私が取らないのだとしたら、
宇宙にとっての私は、もはや私ではないのかもしれない。

さて、
私は、私が私であるために、私に対して何を約束しただろう。
私は、より一層私らしく生きていくために、私や私以外の宇宙に対して何をやっただろう。
私らしいとはなんだろう。
当の私さえ私が分からないのに!

私が私として生きていくためには、私はもっと私を知る必要がある。

私は誰なんだろう。
私にはそれが分からない。
それは、私以外のその他数十億の私にとっても同じ命題である。
向き合うか否かは別として。

私は私自身を知るために、一体どれぐらい私と向き合ったのだろう。
私は私自身を知るために、一体どれぐらい私以外の宇宙と向き合ったのだろう。

私が私として生きていくためには、私はもっと私以外を知る必要がある。

私は誰なのか。
私であることは確かなんだが、その根拠も信憑性が薄い。
それでも、
私は、ここに私が存在しているように思えて仕方ない。