うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

正論は自分にしか通用しない

管理職は、部下を管理するのが仕事だ。
思うに、この管理という言葉が良くない。
部下の力を最大限引き出せるようマネジメントしていくことは、
羊飼いと同義ではない。

それにも関わらず羊飼いになっていたり、
もっと酷い場合は一昔前の映画に出てくる看守のような人もある。

仕事がさばける人か、さばけない人か。
怒鳴り散らしている人を2通りに分けて考えたい。

もしも自分が部下だとしよう。
前者のような上司なら、理不尽であれ学べることは多くある。
後者に関しては、すべて反面教師だ。存在を一言で表すなら「残念」がピッタリだ。 

上司について愚痴っている暇はないことを覚えておこう。
僕たちはあっという間に歳を取る。

残念な人間に地位を与え、野放しにしている組織そのものを見直すべきだろう。
全体を俯瞰しよう。
そして、何より、その組織に在籍する自分自身を見直すべきだ。

「面接の時と話が違う」などと言っている暇はない。
話が違う現実とどう向き合うか。
どう行動するか、それしかない。

変えられることを変えよう。

安易に転職に走ればいいということを言いたいわけではないことに注意。
外より内から。