うえみずゆうき脳内議事録

うえみずゆうきのブログ。思ってもいない本音など。

贅沢者や弱者の戯言

日本の電車のオンタイム具合は神がかっている。
本当に素晴らしい。

ただ、バスはそうもいかない。
気候、時間帯、イベントなど交通状況に相当左右される。
混もうと混むまいとコースを変えられない。


僕はなるべくバスを避ける。
けれど、行き先がバスしか通ってなければ…
乗る。

バス停によっては電光掲示板で、今どこにいるか知らせてくれる。
あれは本当に素晴らしい。
どれぐらい遅れているか分かるだけで相当な安心感があるものだ。
僕はそれを求めて最寄りのバス停じゃないバス停を利用する。

ある日、電光掲示板が修理中だった。

QRコードで読み取って、運行状況が分かる方法があった。
このご時世にQRコードを読み取るのはタウンページで電話番号を調べるぐらい億劫だ。
なんていうアプリか教えてくれたら検索するのに。

そこまで言うなら、
そもそもバスに乗らなければいい。
自家用車を持てばいい。
そうでなくてもタクシーを利用すればいい。

そこでタクシーを選ばないのは自分がケチっているからだ。
なぜ「ケチっている」なんて言い方をするかというと、
こうしてバスに不満をぶつけている自分がいるからだ。

もし、何でも選べる余裕があれば、
迷わずタクシーを選び、我慢していつ来るかわからないバスを待つこともない。

そうだ、サービスのせいじゃない。
世の中のせいじゃない。
自分のせいだ。

お金は必要であるという事実。
サービスは選ぶものである。